にゃんこのページ その10    ネコの砂落とし         もどる



  ネコの砂落とし

 
ネコのトイレは草むらや芝生の上なども好むようだが、
砂場が一般的だ。
家の中では大きめのプラスチックトレイに
砂を敷き詰めて使う。

これもペットショップで専用のトイレと砂が売られている。
ネコ族は用を足すと、その痕跡を隠すかのように
自分で砂をかけて埋めてしまう。

生後、すぐ親から引き離されたネコでも、
誰に教わることもなく、器用にやってのける。

生まれながらの天才か、遺伝子に組み込まれた本能か。
ま、中にはお行儀の悪いネコもいるようだが、これは人間とて似たようなものだ。

さて、困るのはこの砂を外に持ち出されることである。
ネコには、わざわざ持って出るつもりはないだろうが、
足に付着した砂がトイレの外に散らばるのだ。

特に長毛種のネコは足の指の間にまで長い毛がはみ出し、
これに砂がからみつく。

クイックルワイパーの宣伝じゃあるまいし、
長い繊維が粒子をからめ取るというのは、
この場合ありがたくない。

かといって指の間の毛まで剃るのはほとんど不可能だし、
どうしたもんか?

で、ある時、ふと思いついた。
玄関マットである。

散らばらなければよいのだから、特定の場所で
落とせばいいと考えた。
ネコのトイレの出口にフィルタを仕掛けるのだ。

よっしゃあ!

我が輩は日曜大工ならお手のもの。
さっそく、物置から不要なベニヤ板だの廃物の金網だのを
引っぱり出し、浅いトレイと、かぶせる金網付きのフタを作った。

ネコはトイレに出入りするたびにこの金網の上を
歩くことになった。
効果テキメンである。

100%捕捉することは出来ないが、散らばる砂は激減した。
室内の汚染が減り、掃除もラクになった。

が、しばらくするとこの作戦はうまくいかないことが判明した。
確かに砂は散らばらなくなったが、今度はこの金網の上で
ネコ殿はオシッコをするようになったのである。

木製であるから、においは染みつく。
1度やられれば、あとは洗おうと何をしようとムダだ。
かすかな匂いでも残っていれば習慣化してしまう。

やむなく撤去した。

ペット用品売り場に行くと似たような商品があることも分かった。
だが、プラスチック製品でも同じことだ。
仮に、トレイのにおいを完全に消去できるとしても、猫砂に
においが残っているのだから、砂が落ちれば、においがする。

砂が落ちたら、即、除去することと、常ににおいを
完全除去することが必要なのだ。

これは散らばった砂を掃除するよりも労力が大きいと
分かった。
ラクをしたい一心で実験してみたが、数ヶ月ともたなかった。

ネコの水洗トイレができないもんかなぁ。
出来たとしてもそこでやってくれなければ意味無いけど。

飼い主のはてしない手抜き願望は続く....





 

ホームページ更新修正はカセットページ