にゃんこのページ その7     ネコを見習え          もどる



  ネコの衣替え 傾向と対策


ネコも年に2回、衣替えをする。つまりは抜け毛のシーズンだ。

冬毛と夏毛は保温力がちがうのかな?
大量に毛が落ちる。

と言っても、我が家のバカ殿は一年中、毛が落ちるので
二回のシーズンだけでは済まない。

ただ、この時期はいつもに輪を掛けて抜け毛が発生する。
クシを通すと、多いときはどんぶり一杯くらいになる。
もちろん、丸めればビー玉くらいの量だ。

さわると、すごく暖かい。1カロリーとて熱を
逃がさないようにできているらしい。
これで、ジャケットでも作れば最強の防寒具ができるなぁ。
ただ、ヒツジとちがってまとめて大量にはとれないので
現実的には難しいだろうな。

問題なのはこれがふわふわと空中に舞うコトだ。
いつまでも落ちてこない。
捕まえにくいので掃除にならない。

カーペットにからみつくと、掃除機でも全部はとれない。
回転ブラシ付きの掃除機である程度、ゴミといっしょに
取ってから、ヘアブラシでゴシゴシとかき集める。

これが意外によくとれる。

俗に「コロコロ」と呼ばれる粘着テープ式の掃除用具も
持ってはいるが、そんなものでは、かったるくて
やってられない。

この方法はカーペットだけでなく、毛布にも、
いや毛布にこそ最適だ。
もののみごとにキレイになる。

粘着テープも要らず、手間もかからず、
いいかげんなやり方でもしっかり毛を集めることが出来る。

我が家では専用のブラシが置いてある。
いままで、人間が使っていたへアブラシをネコ毛専用にして、
人間用は別に買いなおしたのだ。


問題もある。

今までとまったく同じブラシを買ったので、
たまに間違えることだ。

掃除用のブラシで自分のアタマをブラッシングしたことに
気づくとなんとも情けない気分を味わえる。

ちなみにどんなブラシでも良いと言うわけではない。
それは今回、内緒にしとこう。



   ネコを見習え

ネコは環境を選ぶのがうまい。
冬は一番暖かいところを、夏は涼しいところを
選んで自分の居場所とする。

人間その他に追い立てられない限り。

寒いときは日の当たる場所、テレビの上、
コタツの中、布団の上。

暑いときは汚れるのも構わず、玄関のタイルの上で
腹を押しつけるようにして長々と寝そべっている。

ネコはしゃべれない。
だから文句も言わない。

暑いとエアコンを欲しがり、無いと文句を言う人間とは
かなり出来が違う。

文明の利器を知らない動物だからと言うよりは、
自衛の知恵といったほうが近い気もする。

文句を言うより、自分で行動を起こして、
よりマシな環境を探し出す本能。
みごとなプログラム、知恵と言うべきだろう。

人間はいつからか、文句を言うことを覚えた。
それで、うまく自分の望みを叶えることができた経験が
さらにそれを加速する。

ここはひとつ、ネコに学ばねばなるまい。
バカネコ、ではなく、にゃんこ先生と呼ばなくては

 

 

ホームページ更新修正はカセットページ