ネコの治療費は人間より高い!

 もどる


「うっ、高い!」

会計窓口で、内心、うめいた。 動物病院での話。

日頃、こーの、バカにゃんこめ!
と叱りつけていても、死なれた日にはたまったものではないから、選択の余地がない。
このネコのいない生活など考えられない。

動物に健康保険はないから、あたりまえと言ってしまえば
それまでだが、それにしても痛い出費ではある。

桁がひとつ間違ってるんじゃないかと思いたいが、
これが現実である。ペットなのに治療代は人間より高い。

で、ネコ用の保険を扱っているサイトを見つけた。
ペット用の保険も近頃では普及してきたらしい。

犬、猫に限らず、小動物、爬虫類、鳥類 までカバーすると言うから
日本のペットもずいぶん幅広いモンだ。

犬ネコの部をちょっと見てみると、通院、入院、ガン、手術、死亡、後遺症障害と
人間さま並にとりそろえてある。
ペットも出世したものだが、たしかにけがや病気になれば、病院に頼らざるをえない。

だからといって、突然、手術代20万円、なんてのも困る。
そういえば、この前病院に行ったときは先生がよそのネコの手術の準備をしていた。

何の手術ですかと聞いたら「ガンです」だって。
ネコもガンにかかるんだ。 知らなかった。

話がそれた。
見つけたのは犬や猫の医療費などを保険で払いますってサイト。
つまり、ペットの健康保険だな、こりゃ。 

申込みのページがあるけど、これは資料請求だけの仮申込だ。
資料をもらって、読んで気に入ったら申し込めばいいことになってる。

世の中にはうっかりクリックすると、いきなり、

「契約成立です!」

なんて画面の出てくるひっかけサイトがあるけど、ここはそうじゃない。
書類重視のちゃんとしたサイトだ。 保険屋だからあたりまえか。

ふむ。
してみると、何ごともなく元気に過ごしている今のうちに、資料だけは目を通して
おいたほうがいいか。

今回見つけたのは 日本アニマル倶楽部だけど、こまごましたことは、
そのサイトをみて自分で勝手に調べてちょうだい。

そのくらいの努力は飼い主の義務ってもんでしょ。
資料なんてどうせタダでくれるもんだし。

わがネコのためなら、親バカといわれようと、ネコバカと言われようと
いばらの道でも涼しい顔して世話をする。

誰がなんと言おうと、自分のネコが最高なのだ。 そう言い切ってしまおう。
ネコのいない人生なんぞ考えられない。 んなもん、考えないくていい(笑)

ネコのいない地球なんてクリープを入れないコーヒーなのだ。 (古い!)



ホームページ更新修正はカセットページ